イメージ写真
タイトルバー

生命保険は安い買い物?高い買い物?

お金イラスト

人生で高額の買い物とは何があるでしょうか?
住宅?車?
実は生命保険も高額の買い物になる場合があります。

住宅や車を購入するときを考えていただきたいと思います。
モデルルームやショウルームに見に行ったり、雑誌等で比較をしたりとかなり吟味をしてから購入するのではないでしょうか。

一方で生命保険は「安易」に購入がなされているように思われます。
お客様から「とりあえずどれかに入っておけば大丈夫」という話も聞きますが、先ほども述べましたとおり、生命保険は高額の商品です。
自分で必要性を考え、自分に合った商品を適切に選択することが重要です。

◇1世帯が払う生命保険料は◇

(公財)生命保険文化センターの平成24年度「生命保険に関する全国実態調査<速報版>」によれば、生命保険(個人年金保険を含む)の1世帯の平均年間払込保険料は41.6万円。
仮に22歳から60歳までの38年間支払うとすると41.6万円×38年間= 約1,581万円。貯蓄を目的とした個人年金保険などを含んでいるものの、生涯に渡って大きな支出となる事が分かります。

数十年間にわたって多額の保険料を支払った後で自分には合っていない生命保険に加入していた・・・と後悔しないために、一度キチンと自分の生命保険の保障内容をご確認されることをお勧めします。

生命保険契約内容確認の効果

  1. 自分にとって必要な保障のみ手配することができます。
  2. 必要なときに必要な保障を得ることができます。
  3. 将来にわたっての保険料負担をイメージすることができます。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

ページバックボタン
ページトップリンクボタン