イメージ写真
タイトルバー

生命保険の役割

通常は家計の収支はバランスが取れていますが、世帯主の死亡や病気などにより収入が減少したり、子供の進学等により支出が増加することによって家計のバランスが崩れるときがあります。 生命保険の役割はこのような家計のアンバランスが生じること(リスク)を防ぐことにあるといえます。

収支バランス図

家計の収支バランスが崩れるときーリスクとはー

家計の収支バランスが崩れる主な場合(リスク)としては以下のものをあげることができます。皆様方ではどのリスクに対する備えが一番必要ですか?
リスクを把握し、それに備える優先順位をつけて対応することが重要です。

  支出増加 収入の減少
死亡 葬儀費用 世帯主の死亡に伴う収入減
入院 入院費用 休職に伴う収入減
その他 教育費・結婚費用援助 定年退職後の収入減少
ページトップリンクボタン

リスクに備える保障

家計の収支バランスが崩れる上表の場合(リスク)に備えるための一般的な保険としては、以下のものをあげることができます。
皆様はどのようにリスクに備えられているでしょうか?

  支出増加 収入の減少
死亡 終身保険 定期保険
入院 医療保険 所得補償保険*注1
その他 学資(こども)保険・養老保険・終身保険 養老保険・終身保険・個人年金保険*注2

*注1
損害保険

*注2
商品によっては契約時費用のご負担、運用リスク、為替リスク、市場価格調整などにより、受取額が支払額を下回ることがあります。ご検討の際には「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」を必ずご覧下さい。

また、生命保険は長期間にわたるご契約ですので、現在は必要ないと思われる保障であっても将来的には非常に重要になることも考えられます。
先々まで人生設計(ライフプラン)を立て、その上で必要な保障を判断することも重要です。

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

ページバックボタン
ページトップリンクボタン